プロデューサーブログ

結婚指輪の言い伝え

 

皆様、こんにちは!

気温もだんだん暖かくなり過ごしやすい季節になってきました。

皆様、体調はいかがでしょうか?

 

今回は結婚にまつわるお話をしていこうと思います。

皆様、結婚されたら「指輪」をつけられますよね?

なぜ指輪を付けるのかご存じでしょうか?

 

指輪を常に身に付けておくことで常に相手の存在を感じられるように・・・という意味合いがあります。

また指輪は円になっているので永遠に愛が続くように・・・

なんて意味もあります。

なぜ左手の薬指に指輪をつけるのでしょうか?

それは古代ギリシャ時代に「心臓は人の心の中心である。」と言われていました。

また、「左手の薬指には心臓につながる太い血管がある」と言われていたため

左手の薬指にはめることによって2人の愛が永遠に結びつくと信じられていたそうです。

 

ちなみに最初に結婚指輪を正式に身に付けて世の中に広めたのは古代ローマ教皇ニコラス一世です。